★日付の古い順に表示するには
 サイドメニューの『これまでの記事』『カテゴリー』から。
 
写真にカーソルを合わせると 説明文?が表示されます。 
  
  
  

2008年07月30日

「変な犬」と呼ばれて

 
 
こんなバランスのものは 何でも楽と笑に見えてしまいます。

パプリカ兄妹


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


新レンコン

はす蓮ハス

鶏ササミとレンコン・小麦粉をすり混ぜて、おダシに落とします。
冷やしてワサビ醤油で。

鶏とレンコンの甘みが染み出たおダシは 味を調えてスープに。




小さいけれど甘みの強いパプリカは太刀魚と合わせて。
最後に熱した油をジュワーッとかけていただきます。

太刀魚ジュワー

↑ 楽と笑に見えると言いながら さっそく消費



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最高に愛らしいと(我が家限定で)絶賛されているふたりですが・・・

水面チェック


ときどき 幼児から「変な犬が来たぞー」と言われます。
よくあることです。 今ではもう慣れっこです。

初めてその言葉を投げかけられたとき
こんな感じをどこかで味わったような・・・気がしました。


友人の子供から初めて
「ねー、おばちゃん」と無邪気に甘えれらたときの感覚に似ていました。


キミの言うことは決して間違ってないけど、もちょっとソフトにどうだろう。。。
いやいや、幼子の言うこと。オブラートをかけるなんて無理。

純粋に見て もう我輩はおばちゃんである と納得したあの日。




は大人からも

「お母さんはコーギーちゃんかな?」と頭を撫でられたり。

  (→お父さんもコーギーちゃんだ!)

「コーギーと何のミックスちゃんかな?」とオヤツをもらったり。

  (→コーギーとコーギーのミックスちゃんだ!)

「なんでー、なんでこんな黒い顔になったと?」とおじぃさんに不思議がられたり。

  (→存じません!)


楽が珍しいガラだから変な犬と言われる、と思い込んでました。

ところが、二頭飼になった途端、「変な犬 たち が来たぞー」と言われるように。



コーギーは ある基準からみれば「変な犬」なのかもしれませんね。

でも、その変な部分がたまらないんですけど!





犬と暮らすようになって、気持ちに余裕がでたのか
クワッと頭にくることがとても少なくなりました。

には「なんでこんなことで怒るの?」という目くじらツボがあります。
押すと必ずクワッと。
写真が撮れたらご紹介したい、カワイイんですこれがまた!





・・・・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。