★日付の古い順に表示するには
 サイドメニューの『これまでの記事』『カテゴリー』から。
 
写真にカーソルを合わせると 説明文?が表示されます。 
  
  
  

2008年08月13日

ダメで育てる?ヨシヨシで育てる?

 
 
先日の 金時あんぱん事件

らっくんは悪くない!というメッセージ、どうもありがとうございました。

私が悪いとおっしゃる?



ひどくショゲかえったへ寄せられた同情。

あんなに反省してるんだから許してあげて、と。



翌朝の様子をお伝えしなければ。

起きてすぐ、ケージの扉を開いてやると 真っ先に椅子に飛び乗り
テーブルに前足をかけ お宝を探す!嗅ぐ!



くぅおらっ、楽っ! で はっと我に返り、目を逸らします。

さあね


その一時間後、また同じ場所で同じ光景。 →くぅおらっ・・・

そのまた数時間後・・・・



怒られたこと、拘留されて散歩に行けなかったこと、朝ごはんヌキだったこと。
そういった負の部分は 楽の記憶から全て抜け落ちているとしか思えません。

を支配しているのは

クチいっぱいに頬ばった

 パンの香りと金時の甘さ!あぁたまらない

という幸せの記憶なのでしょう。



こうしてみると
厳しく怒って何かを教えるよりも 嬉しい感覚を刻んであげたほうが
入りやすいのかなと思えます、の場合は。

でも食べ物を使わずに うっとりさせるのは・・・難しい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とろとろふわふわのオムライスは苦手です。

心地よさを超えた量の卵やバターに疲れてしまいます。
デミソースがかかってるのも ちょっとしつこい。


作るのは ひとりに卵一個のオムライスです。

昔オムライス


焦げ目をつけた薄焼き卵。
玉ねぎとハムのオレンジ色のピラフ。
最後にかけるのは 赤いケチャップ。

このビンボーオムライス、あっちもこっちもトロトロフワフワばかりで
出してくれるお店は少なくなりました。
  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



幸せの黄色いスイカ(胡散臭い)

幸せが転がっている


楽と笑にもおすそ分け(皮)。

上手にガシガシ



種を取り除いてミキサーにかけた100%スイカジュース。

ヒトツブ種が残ってました

赤いスイカも黄色いスイカも こうするとすごく甘く感じます。
結構な量をゴクゴク。


楽と笑にもちょっとだけ(しずく)。

スイカジュースくれ




最初に与えたのは4センチ角の皮でした。

あぶないところでした

夢中になった が丸呑みしそうになって焦りました。

クチもノドもいつのまにか 楽とあまり変わらない大きさになりました。

食べ物の好き嫌いもなく いつも快腸です!





・・・・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。