★日付の古い順に表示するには
 サイドメニューの『これまでの記事』『カテゴリー』から。
 
写真にカーソルを合わせると 説明文?が表示されます。 
  
  
  

2008年09月01日

仇パプリカのその後、久々の泣き・・・

 
 
芝生広場で 体育祭の応援練習をしている高校生たち。
 
騒がしいのぅ





揃った動きが不気味なのか がヒタヒタと近付きます。

怪しい・・・

グフッと唸ってみますが、男子高校生の野太い声にかき消されます。



笑ちゃん。
私も高校生の頃は 赤い服着てポンポン持って踊ったりしたのよ。
まだ世の中にダンスが流行る前で。
懐かしいけど たいそうこっ恥ずかしい思い出・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



イカ刺カボチャを添えて

切って切って切りまくる

生のカボチャを細く細くつくるのはたいへんです。
スライサーで薄くしてから重ねて切った後、熱湯をかけます。
味というよりも 見た目重視のお皿です。






ポークソテー 三種のソース

あか しろ きいろ

豚の肩ロースは筋切りをして塩胡椒。米粉をつけて両面をこんがり。
最後に白ワインをふります。

ソースを数種添えることで 最後まで飽きずに食べられます。

白:舞茸のクリームソース
赤:レッドパプリカの豆板醤ソース
黄:イエローパプリカのカレーソース

パプリカは加熱しても退色しないので 見せるソース向きです。
野菜そのものの甘みが豚肉によく合います。

パンに塗ったり ポテトチップスにつけたり、いろいろ使えます。

もちろん、アサちゃんの仇パプリカを使用。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今年は 桃も梨も葡萄も好成績。何でも安くて とても美味しい。




早くも店頭に栗が並んでいました。

採ってすぐよりも 冷蔵庫で1週間〜10日間寝かせたほうが美味です。

以前 ひとつのネットを半分に分けて 試してみたら、甘みがぜんぜん違いました。

でも・・・いつも季節の初めはそれを失念して、買ってすぐ加熱しちゃうんです。
去年に続き 今年もまたやってしまいました。



も栗が大好き。


ささ。らっくん。 ひさびさのアレを・・・・







食べられもしない丸ごと栗をオアズケされる泣きインコ

秋も泣かされる予感





もちろん この後ちゃんと皮を剥いて 楽と笑にもおすそ分け。

もお気に召したみたいです。
ぐふーぐふー と小さく唸りながら 夢中で味わってました。





「いただきマンモス」や「ヨシ!なんちゃって」と言ってもマテを継続します。
一旦首が下がって、おぉっと という感じで踏みとどまります・・・



・・・・・・

2008年09月02日

おサガリ天使、メリケン解禁?

 
 
らっくん、これなーんだ。 
 
目がうっとり




 
ミクさんとこの かぼちゃプリッツ (←レシピはこちら)

ネジネジさんと腕組みくん


以前から疑っていた 楽の小麦アレルギー
もしかしたら違うんじゃないか と最近考えていたので
思いきって小麦粉で作ってみました。

自己都合により 勝手に強力全粒粉を使ったため 少しヒキが強くなりましたが
楽と笑、よろこんで食べてます。

一本まるまるもらえるわけではありません


腕組み形には 焼く前に塩をふって(初めから自分も食べる気満々)。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
干アミと春雨の酢の物 

のどごしつるるん

干アミは軽くオーブンで焼くか、レンジで20〜30秒。
好みの合わせ酢に浸して味を出し、もどした春雨にかけます。



ブリと糸コンのお煮付

ぶりと大根メシだで

新鮮で臭みのないブリだったので 糸コンニャクに煮汁を吸わせます。


刻んだ大根の葉っぱ(湯通し済)・ジャコ・ゴマを混ぜたごはんと一緒に。
味はたりなければ 塩で調節。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
今朝も雨上がり散歩。



モーニングカルカルにつられて ベストを着せられたらっくん

ふぅ。

マッサージチェアーにあがって 出発拒否なさっています。




カルカルで盛り上げようとしてもこの虚ろな表情

そんなもんいらんもん





をおびき寄せるためのカルカルに吸い寄せられる お下がり天使

奥で楽にぃさんがタメ息をついていてもおかまいなし。

ダブダブでも気にしません


は垂直に立つのが得意です。

二足歩行出来そうな姿勢のよさですが、歩行するには長さがちょっと。

足はどこ行った 足は!




玄関を出れば 軽快に動き、いつも通りに散歩をたのしむ

過去のことはキレイサッパリ忘れて




昔、安物のピチピチサイズを無理やり着せた後遺症です、たぶん。

だからと言って 着せるときに抵抗する訳ではなく。

首も黙って通してくれるし、右ぃと言えば 右手を上げ、左ぃと言えば 左手を持ち上げて
袖を通すのに協力してくれます。



現在は 着ていて不快なわけではないので、早く慣らしてあげたいものです。

これなーんだ?と手にしたら、うっとりみつめてくれるぐらいに。






らっくんは タメ息も似合っちゃうんです・・・




・・・・・・

2008年09月03日

ハートを鷲づかみ、来夏の課題

 
最後のスイミングかもねと話しながら 水に浸しました。 
 
すぃーすぃー

普段より水が多くて。
いつもは足がつく場所だと油断していた楽と笑

同時に水を飲んでしまい、ゴホッとかカホッとむせながら岸に戻ってきました。

は再び水に戻っていきましたが は上陸。



大好きな水遊びなのに・・・

恐怖体験になってしまったかと 見守っていると


はソロリソロリと岸を歩いて5メートルほど離れていたキンちゃんに近付きます。

えーん。こわかったよー。 と甘えるつもりかと思いきや (もう誰も思っとらん)


より高いところから さらにさらに深い位置へ ダーイビーング!


笑ちゃん。・・・・・素敵。



水中シンクロは来年に持ち越すはずでしたが
別々に入水しても いつの間にか並んで泳いでることがほとんどです。

を追いかけてるだけなんですけど。


きれいに揃ってスィーと泳いでいるふたりに

来年はレベルアップするよ。と声をかけた途端・・・


逆立ち潜りをしたの短い足が
水面からチョン・チョンと突き出しているところを想像してしまい
なんとも可笑しくなってしまいました。

この手の想像・妄想は 真面目であるべき場面に限ってよみがえってしまい
ときどき私を苦しめます。


さぁ みなさんもご一緒に。

水面から ちょん・ちょん。 おまけに らっくんのも ちょん・ちょん



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



少し前の キメの細かいおからさん。

おからさん

坊ちゃんカボチャに詰めた鶏ミンチの残り、大さじ1杯分ぐらいでしたが
ラップにくるんで冷凍しておきました。

生シイタケもよく残りを冷凍しておきます。
干シイタケを戻す暇がないときなど重宝です。

あとは油揚げと三つ葉。

しっとり仕上げて ラップでキュッとしておくと お箸でも食べやすくなります。





全長15センチぐらいの花鯛

小さいです、ふたりで分けるにはあまりにも小さい。


そこで 花鯛のワカメソース

タイコおばさんとワカメちゃん


鯛は三枚に下ろして骨をキレイに取り除き 塩を振って焼きます。


生ワカメか塩ぬきした塩蔵ワカメを細かく切って水気を絞ります。
少量の油で炒めて香りをだして、ダシ・酒・砂糖ちょび・薄口醤油で調えます。
片栗でトロミをつけて 鯛とともに盛り付け、最後にスダチを一個まるごとたっぷりギュギュ。

スダチの上品な酸味が決め手です。
ワカメちゃんのおかげで皿のボリュームも出ました!



そして残ったアラは翌朝のおみそ汁に。

骨の髄まで

いまだに 魚の頭をタテふたつに割るのは得意ではありません。
でもこのサイズなら私でも大丈夫。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そばに寝転んでいたキンちゃんが こっそり部屋を出て行ったことに気付いた

ドアの方向を目で追っています。

ん?・・・おらん・・






直前はこんな感じ。

うぃやつじゃ


ゴロンと横になったキンちゃんのもとへ ハウスで爆睡していた
ヨロヨロとたどり着くや否や 手枕にオデコをくっつけて眠ってしまいました。


こんなことされたら キンちゃんはもう・・・キンちゃんはもう・・・・・






そのころ私は らっくんとイチャイチャしてました・・・




・・・・・・



2008年09月04日

コギの反則技、中華気分

 
 
散歩中、駐車場の塀を挟んで 左と右に離れ離れになってみます。
前を歩くには 分からないように。

5メートルほど行くと、群れが乱れていることに気付き


ちょっと焦った後に

あ! と思い当たって ブロックの上から顔をのぞかせる
 
見つけました!


みっけ。という表情が愛らしくて ついつい何度も。

その度に、 アセアセっ → あ。 → ぴょこん! と応えてくれます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ニンニクをオリーブオイルに漬けておきます。

ガーリックオイル製造中

香りが移った油は ドレッシングや炒め物に便利です。

油を切ったニンニクスライスを低温のオーブンで焼いておけば
揚げニンニクとして色々な料理に使えます。

ゴマ油・グレープシードオイル・サラダオイル・・・どれでも。




豆イカ・トマト・キュウリの炒め物

ちっちゃなイーカちっちゃなイーカ・・・

体長3〜5センチほどの豆イカ。
塩を入れたお湯でサッと火を通して フネ・トンビ・目を取り除きます。
小さくても噛んだときのジャリッという感じが苦手なので。

ガーリックオイルでキュウリ・イカ・トマトの順に炒めて、塩胡椒・酒で調味。
イカの墨が少し出て 色は濁りますが、その分コクはでます。




次のお皿のために 中華パンを作りました。

豚の鼻になってしまった花巻さん、右手前

食べられるようなパンが焼けなくて 作っても無駄かなと思っていた頃
これだけは とても美味しくできて 持ち直した覚えがあります。
わりと短時間でできて、失敗が少ないイーストの蒸しパンです。





牛薄切りと小松菜のオイスター炒めをサンドして

たっぷり はさんで

楕円の生地に ゴマ油+塩を塗ったものを折って蒸すので、パカッと開きます。
他の形のパンに スジ(模様)がつくのも ゴマ油を塗って丸めるから。


豚の角煮を挟んだやつよりも パンと一体化して合う!

と、長崎育ちのキンちゃんもおすすめの一品です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前のといえば。

晩酌の間、同じ姿勢のまま ジーーーーーッとこちらをみつめてきました。

時に 根負けして オツマミを追加することもありましたが
私たちも慣れていたので あまり心を動かされることはありませんでした。




最近。

の出現により その行動に変化が・・・



こんな感じで 椅子に右手をかけて お芋のカケラをせがんでみたり

くださいな




それでもダメなら 反対に回って こんなポーズ

ちょこなん


なんなんでしょう、このクルンと抱き込まれたニャンコな前足は!



この反則技に心がくすぐられて、オツマミ追加。

私としたことが・・・






これ以上の反則技が出たら、「らっくんに芋一本!」と言ってしまうかも・・・



・・・・・・

2008年09月05日

秋。タネダラ犬とデンショ・・・

 
 
9月に入った途端 日が落ちるのが早くなったような気がします。
 
もう暗いから帰ろ


散歩の途中で あたりは暗くなります。




ということは そろそろあのシーズン・・・








早くも発見!

秋の訪れを感じます

(↑ 友情出演:ラッキーねぇさん



真っ暗な中で 動くカラーライトをどうやって撮影したらいいのか。
そもそも私のカメラにその能力があるのか・・・

飼い主さんの協力の下 さまざまなモードで撮りまくって
なんとかこの一枚・・・雰囲気は伝わるでしょうか。





秋・冬になると 電飾犬が増えます。

それぞれに 違う形・色のライトをつけているので
遠くからでも あれは○○ちゃんだな とすぐ分かります。


のは チューブ状で 首を一周するタイプ。緑色の光です。


のも用意しておかなきゃね。赤色がいいかな。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ビン詰ウニを いつものようにキュウリにのせて食べました。

ウニ一夜漬

くり出した種の部分には 小松昆布をちょっぴり混ぜて。

安価な塩コンブでは定番の組み合わせ。
でも ぜんぜん味が違います、美味しい昆布だと。
染み出た汁っ気も 最後までシュッと吸えます。



ビンに小さじ1杯ぐらいのウニが残っていたので
お酒と薄口醤油を混ぜて量を増やし 塩もみした大根とカマボコを和えます。

カラスミ気分

最後に フライパンで乾煎りした粉チーズをたっぷりかけると・・・

カラスミっぽい味になります!(そっくりではありません)

もう少し量があれば パスタに使っても美味です。

粉チーズは 突然 焦げ茶色になってしまうので注意、淡いオレンジ色を目標に。

右は 柚子胡椒などを絡めたタコ。





サンマ

頭のほう半分を 塩焼きで食べました。

残りの尾の部分は 切ったついでに三枚におろします。
短いし、いろんな骨がない部分なので簡単です。
失敗したら スプーンでこそぎ落として。

皮ごと 包丁で粗いミンチ状に叩いた後 塩少々を混ぜて冷蔵庫へ。



翌朝。

生姜・ネギ・味噌・濃口醤油ちょびを加えてツミレにします。
熱湯に落とし、薄口醤油・酒・塩で調えて 三つ葉をパラリ。

ふわ〜と香ります

いいおダシが出てます。 生臭くならないように新鮮なサンマで。

卵やデンプン類のつなぎを入れなくても 脂がのったサンマツミレは
ふわっと仕上がります。


こういう ひとつの素材で 幾通り。のパターン、結構好きです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



朝から広場を走って ご機嫌な

あぁ心地よい疲れだわ。みたいな顔してます。

朝からめっちゃ楽しぃわ




広場の雑草が伸びて 色んなものが実を結んでいるので



いい笑顔だけど 汚い・・・

アップにするとその顔は 種だらけ!



これ、なかなか取れません。おなかの毛にも潜りこんでるし。



ボール持ってこい さえ しなければ キレイなままで帰り着けるのに・・・





秋の除草作業、早く終わりますように。それまでは洗車担当者と力を合わせ・・・




・・・・・・

2008年09月06日

刈るべき場所、ホタテゴロゴロ

 
 
洗車担当者の願いが通じたのかどうか
広場の雑草はその日のうちに刈り取りが終わっていました。

きれいサッパリ




でも本当は。

早く草刈ってほしいよねー。と公の場に対して要望を寄せるよりも

刈らねばならぬ場所はあったのです、もっと身近に。


今年も育ててしまいました。
ざわわザワワと音を立ててスクスクと。

ずっと気がかりだった自宅の草むしり
先週末と今朝の作業で、やっとスッキリ。



楽と笑も当然のように参加。

手伝います!




なぜか取ろうとする場所に出没し 座り込んだり寝そべったり・・・かなり邪魔です。

そこのけそこのけ


作業の妨げになってるとも知らず とてもたのしそうなふたりでした。




蚊も少なくなり 庭に出してあげる機会も増えそうです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



スモークサーモンとグレープフルーツ

ホワイトにすればよかった

スモークサーモンでアスパラ・グレープフルーツ・グリーンレモンのゼリーを巻きました。

ルビーではなくホワイトを使えば もっとキレイで 味にパンチがあったかも。


奥はマグロのヅケとアボカド。







ホタテしゅうまい

ホーターテーがごーろごろ

解凍ホタテ貝柱4個は1センチ角に切って 酒+ナンプラーで下味。

豚挽き肉大さじ2杯程度は 塩・胡椒・砂糖ちょび でよく混ぜて。
脂分が少ないときは ごま油などを少し加えます。

レタス(一番外側の捨てそうなとこから2枚)はサッと湯通しして
水気を切り 1センチ角ぐらいにカット。

全てを合わせて 4等分。 丸めて 中身完了。


今回は 片栗をふって 細く刻んだ皮をのせて蒸しました、強火で15分。
皮がカピカピになりやすいので 上から少し水気を足します。

普通に包んでもいいし、葉っぱモノで包んでもいいし、片栗だけでも。

蒸し上がりました!


蒸しあがった断面を撮るつもりが 忘れて食べちゃいました・・・柔らかくてジューシー!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



暑さが和らぎ、快適に散歩をこなせるようになった

朝の陽射しを浴びて


歩きながら 名前を呼ぶと、ちゃんと振り返ってこっちを見てくれます。
(彼女が先頭を歩いているという過ちは見逃してください)



先頭にいる安心からか 道路ぎわのニオイチェックに没頭しすぎ

楽とキンちゃんが 先に道路を渡ってしまいました。

楽ちゃん・・・気付いてない?

焦りを見せると 気付いてもいない


持ち前の おっとりのんびりが完全に戻りつつある らっくん です。







笑はこのあと 肩肉をモリッモリッと揺らしながら 横断歩道を渡り切りました・・・



・・・・・・

2008年09月07日

フセ修正中、仇キャラ通達

 
 
たびたび登場しているアサちゃん

でも本人は このブログ、ほとんど見たことがありません。

アサちゃんの家にはパソコンが無いし
こちらも職場しか環境が整っておらず
そのうちね。と言いながら 時が流れていました。




そこで。 
 
目が疲れないように

プリントアウトしてバインダーに綴じました。

弱った目にも優しい11ポイントにしたため すごいページ数。


たまに会う楽と笑の毎日を たのしんでくれるでしょうか。


そして 自分が 恩を仇で返すキャラ として扱われていることを
どう受け止めるでしょうか。


予想では。 ・・・・・嬉しがると思います、アサちゃんなら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


バナナミルクジャム

バナナを救え


イチゴにつられて買ったまま 余ってしまいがちな練乳。

薄く切ったフランスパンに満遍なくかけて カリッと焼き上げ、ミルクラスクにしたり

市販のジャムに混ぜたり(たいていの種類には合います)。

中華風料理のコクをだしたり・・・いろいろ。




今回は、熟れすぎたバナナと合わせてジャムに。

皮を剥いたバナナ3本にレモン1/2個分を振りかけてフォークでつぶし。

それを加熱、小鍋を火にかけるか電子レンジ、どちらでも。
ちなみに私は、最初レンジで2〜3分、煮詰めるのは小鍋。

最後に 練乳を大さじ3〜5杯ぐらい加えます、量は好みで。
こうあって欲しいという状態より少しゆるめ、冷めるとトロミが増します。

これも日持ちはしません。すぐに食べきるか 氷温室で保存。


クラッカーですくったり、バタートーストにたっぷり重ね付けしたり
バニラアイスに混ぜたり。



ただ 加熱には向いてなかったなというバナナもあります。
場合によっては、ゲゲゲという風味・・・それは運です。
幸運をお祈りいたします!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



笑のフセに変化がありました。


前回 尻を落とせ と念じたら。



確かに尻は落ちましたが・・・

フセ進化中




丸めるべき足が 後方に放り出されてしまいました。

正式なフセとは違うぞそれは


アタシ 何か違うんだわ。と思って 努力はしている様子。



フセ!・・・フセ!に叫ぶ度に

近くにいるが 真面目な顔して素早く伏せます。
ワタシ完璧ですよ、ソレください!と。


それがなんとも気の毒と言うか 面倒と言うか・・・。






気の毒だからと言って いちいち褒美を与えると らっくんのウエストはすぐにムッチリ・・・




・・・・・・

2008年09月08日

安住の地、唸りのクリームコロッケ



晩酌中の1号・2号

支部長の大好きな晩酌犬でございます

コギ用オツマミの皿に誰が手を伸ばすのか、幸せをもたらすのはどっちなのか
全神経を集中。


はクチを結びすぎるためか 鼻息が大きくなります。
水中レポートをしている人のように シュー・・・シューいいます。

さらに、お気に入りのツマミの日は 思わず声が漏れます。
ぐー・・・・ぐー・・・・ぐふぅー、って。


さすがのキンちゃんも 毎回とあっては、ヒナ鳥のクチに餌を運ぶ親鳥役に疲れることもあり

なんでこんなシステムができあがってるんだ。とこぼしますが

システムを立ち上げたのも運営を続けているのも、支部長に他ならないのでした・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


半額につられて買ってしまった馬刺しブロック。 

冷え冷えです

少しスジが入っていたし そう柔らかくもなく、凍りたたきにすることに。


塩胡椒をして表面を強火でサッと焼き、ラップにくるんで冷凍庫へ。
凍ったほうが薄くスライスしやすいので。

でも私はこのまま馬の存在を忘れて翌日を迎えました。

よくあることです、電子レンジにトウモロコシが座っていたとか・・・


同じようにカチカチに凍らせてしまった場合、冷蔵庫に移しておくと
包丁が入るようになるので、スライスして半凍りのうちにいただきます。

タレはポン酢などお好みで。

この日はコロッケで余った炒め玉ねぎを加えてみました。






久しぶりに クリームコロッケ

じょうずに揚がりました

キンちゃんはポテトではなくクリームがお好みです。
でも 夕方戻ってから二人分のそれを仕込むのは勇気がいるため
あまり登場しません。


なぜかこの日その気になり、二種類を仕込み。

アサリ・・・・白ワインで蒸したアサリを粗く刻んだものと炒めた玉ねぎミジン

トマトチーズ・・・・・5ミリ角のジャガ・トマト、粉チーズ、刻んだイタリアンパセリ


アサリは限界までトロトロにしたので衣をつけるのもギリギリでちょっと不安。
下付けには上新粉を厚めに使用しました。



コロッケの神様のお導き

カフッと割ったら 中がとろ〜り。綱渡りながらも 過去最高のクリームコロッケ!
しまった・・・また途中からレシピ取り忘れた・・・


キンちゃんも、ぐふー・・・と満足の声。 (最近に似てきました。なんで?)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



にかまっていると 必ずが割り込んできます。

アタシも磨いて。

は小さい頃に使った青リンゴ味歯磨き粉のおかげで 歯磨きが大好き。
よくない成分が含まれていたとかで 今は使っていませんが。

歯ブラシを手にすると、ゴロンと横になってくれます。


様子を見ていた、トコトコと歩いてきて バタンと倒れこみ

アタシも、アタシも!できればこっち先に!と。




が来てからしばらく、独りになりたいの逃げ場は 玄関の踏み台の下でした。

そこへ頭を突っ込んで、現実逃避。


には そこが素敵な場所に見えたんでしょうね。


散歩から戻った直後、疲れた体を引きずって



とりあえず、素敵な場所に頭を突っ込みます・・・

天使が倒れている!


笑ちゃん、エンジェルの自覚を持つのよ!



そこは我が家では「安住の地」と呼ばれています。




・・・・・・

2008年09月09日

浮き浮きパワー、オシリ年齢

 
 
コサギの群れ。いつも同じ場所でお食事中。

コサギなんて見てないし






こちら 前日同時刻の同じ場所。

コサギさんは座席の位置まで決まっているのでしょうか。
今日と昨日、ほとんど差が見られません。

もっさーとしてるわ らっくん。


こうして見ると、女の子のオシリおっさんケツ

にはそろそろ 例のごまかしカットを施さないと。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


子持ちボタン海老

グラム○円と一尾○円を見誤る痛恨のミス

ねっとりとした甘い身で、ブルーグリーンの卵がとてもキレイです。





赤ナスカツオ味噌

アツアツです

ナスをフライパンで焼くとき、鍋に油を回すのではなくて
水気を切ったナスのほうにからめておきます。
そうすれば少量の油が均一に広がって、さっぱりといただけます。
蓋をして両面を弱火でコンガリ。

焼肉などでも 野菜には先にオイルコーティングをしておくと美味しく焼けます。


味噌は赤味噌と白味噌、お酒、砂糖、そして乾煎りした削りカツオ。
思い切って甘めにしたほうがナスには合うようです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



朝散歩へ出かける直前。

さ、行こか。と声をかけると は嬉しそうに玄関へ走っていきます。

らっくんは おじぃさんみたいに写ってるけど だいじょうぶかな?

お散歩いくぞー




広場でも。
何をしていてもは嬉しそうです。

こっちおいでー

名前通りのスマイル写真がとても多いのです。

楽はなぜか おじぃさん風に写りがち。
(実際は 嬉しそうに散歩してます)




出勤時、車に乗り込んだふたり。

今日もが一日がんばりますよ!

もうただそれだけで浮き浮きです。

こんな風に一日が始まれば 毎日がたのしいでしょうね。

ま、この笑顔を見てるだけでも いっぱい元気を貰えます・・・






ちょっと元気がない朝でも ふたりにつられて思わず笑顔に・・・



・・・・・・

2008年09月10日

ハジケル笑顔が曇ったワケ

 
 
ブドウの房に桃尻な粒を発見。
 
エム葡萄

普段は 野菜にしてもフルーツにしても、じっくり吟味してカゴに入れる私たち。

たかが 粒が割れてる という理由だけで選んだ房は

・・・・渋かった。マズかった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
新鮮な丸々としたウルメを2尾。

三枚に下ろして、頭のほうから4センチぐらいを
ガーリックオイルでマリネ

まずは生で

塩・胡椒をきつめにして、オイルを絡めておくだけ。
グレープフルーツミントもちょっぴり。




直前にレモンをたっぷり絞って、素ラスクにのっけて。

のっけちゃって




残りは バジルフリッター

揚げてもヨーシ








長芋の焼きびたし

ホクホクでもシャキシャキでも

長いもの両面を焼いて熱々のおダシにつけてそのまま冷まします。
焼加減で ホクホクにもシャキシャキにもなる長芋。
ホクホク好きなら 蓋をして弱火でじっくり焼いて。

煮立てると、表面の焦げ目が剥がれますのでご用心。


長芋は火が通りやすいので急ぎの煮物にも向いています。
里芋と違って、アタリハズレが少ないし。


小ネギをタテに細く切って水につけると クルンクルンに。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
食後のバトルごっこ

毎日何がたのしいのか



お互いのヨダレでベロベロになるまで続きます。
夕食後は、寝たまま戦っていることが多いようです。

戦わずにはいれらないのか

 

 
めずらしく が中座して、取り残される

楽ちゃん・・・おトイレ?

↑ とりあえずそのまま待つ






と、ここでサツマイモをふるまうことにしました。

実はこのふたり。
並んでフセをして、それぞれの鼻の上にカルカルを乗せるという
新技を身にけました。

まだ写真にはおさめていなかったので それを実行するつもりです。



なかなか息が合いません。
出来ても、カメラを構えている間に 笑が首をかしげてお芋がポトリ。

何度かやり直しをさせていると・・・・


そんなこと言っても出来んもん・・・

という悲しい顔でが後ずさり。



2メートルほど離れたところから じっとこっちを見ています。




は、初めから完璧なのにいつまでたっても食べられません。

もう勘弁してください・・・ と言いたげに プイと鼻先を背けます。




弾けるような笑顔たちが すっかり曇天

こっちの都合で 気の毒なことをしました。




残りのお芋を無条件であげた後も テンションがあがらぬままに
ウトウトするふたり。

気分わるぅー




お芋のような好き過ぎる素材は トレーニングには向きませんでした。



ほとぼりが冷めた頃に再挑戦してみます、しつこくない程度に。





不信感によってトレーニングが後退してしまいそうです・・・


・・・・・・

2008年09月11日

待ち人カエル、勝手なお願い

 
 
湖面の夕日のほうが 本物よりオレンジ色。
楽とキンちゃん、男二人でいい感じ。

黄昏てみたりなんかして




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



豚バラと春雨の炒め物

豚を吸った春雨

塩胡椒と酒で下味をつけた豚バラ、アスパラを少量のごま油で炒めたら
酒・水・薄口醤油・砂糖。(鍋底全体にやっと汁っ気がまわるくらい)
熱湯で戻してカットした春雨を加え 強火で水分を飛ばします。
春雨の種類によっては ベタツキやすいものもあるので短時間で。
彩りにコーンを少し。





少し前のこと。
牛肉に揚げた青シソを添えているシーンをテレビで見ました。

冷凍のローストビーフをいただくときに 試してみると

シソ失敗の巻

確かに 見た目はキレイ。
味は シソのよさが飛んじゃってて ・・・いまいち。
無難でも ネギを揚げたもののほうがいいような気がします。




 
冬瓜と干貝柱の中華風煮込み

冬瓜って地味

冬瓜は表面を強火で焼いてから 干貝柱の戻し汁などで煮込んで片栗でトロミをつけます。

スイカの皮でも同じような料理ができるそうですが まだ試していません。
皮は 楽と笑のデザートか、キンちゃんのお漬物になっちゃうので!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

キンちゃん不在の夜。


玄関の外で音がすると 耳がピーンとする
 

また足が後ろに伸びて

全員そろっていないと不安なのでしょうか。




そのうち エネルギーが切れて目がつぶれてしまいます。

待ちきれないよ



時間を見て、そろそろハウス。と思っていたら、待ち人キタル。


直後のの歓迎ぶりは そりゃもうスゴイものです。
もう誰にも止められないって感じで・・・・・
お見せしたいような お見せしたくないような。




やっと落ちついて キンちゃんと戯れる

給油中?



この歓迎ぶりなら 帰ってドアを開けるのも たのしいはず、きっと。

だけのときは 先に寝ちゃってたりしたものです・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ランキングへの応援クリック
いつもありがとうございます。

それによって
ブログ村から遊びにきてくださる方も増えました。

ある程度の数の方に見ていただけるというのは
ブログを継続するうえで とても励みになります。

クリック イコール 好評価ではないにしても
「最後まで読んだし まぁまぁよかったよ」と
言ってもらったような気になったり。


同時に 参加によって生じる淡い違和感もありまして。
しばらくランキングから外れてみることにしました。


見守りクリックを今までお願いしておきながら
勝手な方向転換、どうぞお許しください。


楽と笑の毎日と我が家の夕食メニューの監視
もしよかったら
これからもどうぞよろしくお願いします!


勝手ばかりで ごめんなさい。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラベル:コーギー 多頭飼

2008年09月12日

赤い記憶、オキザリ

 
 
らくえむファイルをプレゼントされたアサちゃん。

6〜7月分を一気読み。


電話で 何か ひっかかる と言います。

赤いレインコート姿の写真が
アサちゃんの遠い記憶を刺激しているようなのです。

いいえワタシは赤ずきんです。おばあさんのお見舞いにいかなければ。

◆あの日のらっくん◆




そして後日。

思い出した、思い出した!と嬉しそうに取り出してきたのは
昭和48年の婦人雑誌別冊(←それは35年後の今でも役に立つの?)。


ニコニコしながら開いてみせてくれたそのページにいたのは・・・





は?

還暦 おめでとうございます

還暦祝の席で微笑むオジィサマの図


アサちゃん・・・。

が来てからというもの を完全にじぃキャラ扱いです。



まぁ 思い出せてよかったね、スッキリしたでしょ さぞかし。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



散歩後に食料品を買いに行くつもりが予定より遅くなり
二人版冷蔵庫エコ食で済ませることになりました。

しかし いつも以上に食材ストックがありません。
こんな日に限って
火の国とんこつもうまかっちゃんも時間も無いなんて。




本日の一皿目

しょぼ皿その一

・ぷち畑ナスのバルサミコマリネ
・オクラ4本のオカカ和え
・キュー竹(結構スキ)



本日の二皿目

しょぼ皿その二

・わずかな冷凍豚ひき肉、モヤシ1/2袋、ぷち畑ニラで強引に炒め物
・卵2個で ダシ巻


(ここで、メニューの流れがオカシイことを紛らわすため 栗を剥いて時間をかせぐ)


気を取り直して 三皿目

しょぼ皿その三

・マスタードソースを塗ってハムを乗せ 焼き直したパン
・梨と栗



ありったけの材料を使い切りました。
アサちゃんじゃないけど なんだかスッキリ。


そうそう。
栗は一週間冷蔵庫でねかせたものを茹でてみたら
やはり甘く美味しくなりました!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



家を出て3分ほどしてから
楽と笑のロングリードを忘れてきたことに気付きました。

キンちゃんが走って取りに戻ってくれます。


今までリードをひいていたキンちゃんが突然去っていって不安げな

キンちゃんが走ってった・・・・

ずっとその方向を見つめていますが キンちゃんは戻ってきません。




たまらずに私を振り返る

キンちゃんがワタシを置いて・・・




そしてやっと曲がり角にキンちゃんの姿!

キンちゃーーーん


ふたりともリードを張りながら二本足で立ち上がり
撮影どころではありませんでした。




ちょっとだけ待っててね。
と言葉で説明できればいいんですが そうもいきません。

お留守番させて帰りが遅くなるときも 電話でごまかせないしな。


どんどん正直者になっていきます、楽と笑の前では。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日は メールやコメント、拍手に一行メッセージありがとうございました。

ちょっと気になる・・・という方は 追記にて↓
たいしたことは書いてませんよ!



・・・・◆気にかけてくださった方へ◆

2008年09月13日

ヒトリ天下だった秋

 
 
これは昨年の秋。

勝手にポーズをとるらっくん

ロングリードでの散歩にご機嫌な

週末訪れる 下江津湖の公園が大好きで 歩き方も特別です。

ぴょんこぴょんこ オシリが円を描くように跳ねます。



この頃はいつも二人と一匹。 
ボールもってこい も真剣でした。 

ボール持ってきました

一年前の写真なのに とても若々しく見えるのは気のせいでしょうか。

と出会うことを 予想もしていなかった頃。

楽のヒトリ天下はずっと続くと思われていたのですが


意外に早く転換期を迎えることになります。







の運命をも変えた
やはりボール遊びが大好きです。

ボールする?

バックに手をつっこんだだけで
あれ投げるの? という顔で走ってきて その瞬間を待ちます、いい顔で。


が一緒だと はボールを取りに行かなくなりました。

咥えて戻ってきたが ご褒美をもらう瞬間だけ隣に陣取り
なぜかフード一粒をクチに入れてもらいます。何もしてないのに。



その姿は、昨年秋のキャキャッとした姿よりは多少老けて・・・
よく言えば落ちついて見えます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
マズイ洋梨と生ハム

ちょっとだけイイ梨になった

洋梨をカットしてみたら 甘みも何にもナイ、ということはよくあること。

梨一個に対して 蜂蜜大さじ1+レモン果汁をからめて冷蔵庫に入れておきます。
そこそこいける味になります。
生ハムと合わせたり、ヨーグルトに混ぜたり。

 


 
ヒラメメカブ丼 

ガッといっちゃって。

あったかいごはんをドンブリによそって
味付メカブ、刺身、トンブリ、卵黄。

柚子胡椒たっぷり・醤油・酒・砂糖ちょび を混ぜたタレをかけて。

黄身をくずして全体にからめ、スプーンでガッと。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぷち畑を耕す

掘りますホリマス




ん? なんしよっと?

こす〜





腐葉土のニオイを体につけようと必死。 後ろ足が浮いてるし。

ああ いいカホリ



がこんな風に
ニオイを纏おうとしている姿はまだ見たことがありません。


個体差があるのか、それともこれからデビューか。


ふたりで畑ゴロゴロされた日には
あとの半日つぶれるの 覚悟しておかないとね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年09月14日

一人称であるべきところを

 
 
小さい頃。

自分を指す言葉には名前をあてていました。

おかあさん、ナオがね・・・。とか。


幼稚園とか小学校に通うようになって
先生や他のオトナと話すようになると

ワタシが・・・。 と話すようになります。


家の中ではあいかわらず ナオ であっても 外では ワタシ。
無意識のうちに使い分けられるようになりました。


ときどき、母親と友達が同じ空間にいて
うっかり 家バージョンの ナオがね・・・ を使ってしまい
なんとも恥ずかしい気持ちになったものです。


もうそんなことを意識することもないほど オトナ生活が長くなり。



うちの中では オレ と ワタシ で会話が成り立っていました。



ところが。

と暮らし始めたことにより そのアタリマエが崩れ始めました。


ソレ持って来てコレ持って行って のトレーニング中。

私たちの名称をに覚えてもらったほうがいいのですが
人間が二人だとあまり名前を呼ぶ機会はありません。


そこで。

自分のことも相手のことも 名前(なぜかチャン付け)で呼ぶよう努めたのです。


しばらくすると 楽は私たちの名称を覚えてくれて
 ○○ちゃんに コレ持って行って。と言えば 運んでくれますし
 アレ、△△ちゃんに持ってきて。 でモノを取ってきてくれます。

なかなかうまくいきました。



仕事の打ち合わせ後、 らっくん持ってきて を披露した際
つい「○○ちゃん」「△△ちゃん」を使ってしまって
関係者の方たちの目が点になってしまったこともありましたが・・・。

くじけずに 続けた甲斐がありました。




お手数をおかけします


楽と笑がいないところではさすがに使っていないつもりですが

もし 私たちが一人称を忘れていたら、そっと注意してください。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
アジの刺身、そのままでも美味しそうでしたが
生姜・ネギ・味噌・酒・濃口醤油と一緒にたたいて。

クチが疲れちゃうけど

奥は アケビ
ちょっと食べにくいけど やさしい甘さです。
(黒い種のまわりの白い部分を食べます)



豚の肩ロースでトロロしゃぶしゃぶ。

相性ばっちり!

長芋(又は大和芋)のすりおろしとポン酢を混ぜたものにつけて食べます。

豚肉とトロロポン酢はとっても相性がいいのです。


多目のポン酢と合わせておけば、私の場合はイガイガしないようです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


らっくん、どうかした?

サイズが大きすぎてスソが捲れあがってる笑



の右耳に何か入ってしまいました。

足でこすったり 顔をブルブル振っていますが取れません。

キンちゃんが点検しても、中は見えません。




だんだん右耳が垂れてきました。

は、足の裏とか耳の中の異物にとても敏感です。



頭を振って 走ってはみたものの・・・

あれれ・・・


体が右に傾いてるし。

顔のバランスも崩れてるし。


見ているこっちまで 耳がモゾモゾしてきた・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2008年09月15日

目を閉じれば 泡しぶき



「耳は無事なの?」とを気にかける一行メッセージありがとうございました。
昨日 らっくん傾き写真で終わってしまったからですよね・・・

大丈夫です。
帰宅してから イヤークリーナーを耳に入れてあげようと
追いかけているうち(はこれが苦手です)
異物が取れてしまったか 移動したか。
おそらく 雑草の種だったのではないかと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前日の残り食材でみそ汁。

残り物でミソスープ

鍋の白菜を細かく刻んで。
叩いたアジは熱いおダシにそのまま落とせばツミレになります。


奥は 蕎麦の芽に 刻んだ納豆+ドレッシングをかけて。




昼食。マーボードー風

ソフトな辛味です

生姜・ニンニクのミジン切り、豆板醤の順にゴマ油で炒めます。
そこへ鍋の残りの豚肉を細かく刻んで加えて。
さらに刻んだトマト、酒、濃口醤油、砂糖、水(好みで中華スープ)。
角切豆腐を入れて ひと煮立ち、片栗でトロミをつけます。
トマトのコクが足りなければケチャップを少し加えます。
最後に刻んだ小ネギをパラリ。

もし、市販の麻婆豆腐の素を使う場合も
ひき肉のかわりに刻んだ豚肉(ロースかバラ)を使い
フレッシュトマトを加えるだけで、爽やかな手作りっぽい味に変身。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


散歩中、東バイパスを歩いていると・・・

ここはひょっとして・・・

ガラス張りのお店が。

大きな通りに面して トリミングルームが設けられています。

お店の中もガラスで仕切られているので
自分の犬がきれいになる様子をつぶさに見ることができます。


楽は一度だけ ここでシャンプーをしてもらいました。

外シャンプーは初めての体験。
お預けせずに隣で様子を眺めていると・・・・・



らっくん 必死の抵抗エンドレス。

体をふって泡を飛ばしまくるので 仕切りのガラスには 大量の泡シブキ。

逃げようとピョンピョン立ち上がるので シャワーヘッドがぶれて 床もガラスも水浸し。

トリマーさんの白いブラウスもスケスケ!


今でも目を閉じれば、泡シブキの地獄絵図が鮮明に浮かんでくるほどです。


モップとゾウキン貸してください。と言いたい気持ちをおさえて
見届けた時間の長かったこと。



慣れるまで時間がかかるかもしれないけど また来てくださいね。
とおっしゃっていただいたのですが

あの いたたまれない時間を過ごす勇気がなくて
それ以来チャレンジしていません。


笑を洗ってやってください。




は どこに出しても恥ずかしくない まな板の上のコギ。

再訪の可能性も出てきました・・・

あなたとならば行けるわ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年09月16日

感動の再会、チャウダーにバゲット

 
 
先週あたりからゴッソリ抜けるようになりました。
 
またこのシーズンがやってまいりました

朝。
まずは 全身にマッサージを施される
そして ファーミネーター。

自分だけハウスから出してもらえず ムッとする

をフリーにした途端、らっくんのまったりタイムは崩壊します。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



絹ごし豆腐とナタ豆

同じ材料にて

左が白和え。
右が揚げだし。

糸こんにゃくと調味料以外は どちらも同じ材料。

白和えをするとき
豆腐の水切りが充分にできずに水気が出てしまったときは
すりゴマをたっぷり合わせると緩和されます。




クラムチャウダーとバゲット

夏は終わりました

定番の アサリ、ベーコン、玉ねぎ、ニンジン、ジャガ。
バター控えめで作ったホワイトソースはやさしい味です。


合わせて焼いたバゲットもどき。

温めなどの電子レンジ機能もついているごく普通のオーブンレンジです。
10年ぐらい使っているでしょうか。

だんだんパワーも弱くなってきたし
もともと、ハード系のパンには適していません。


そんな機種でも付き合っていると コツがつかめてきました。

・指示されているよりも30〜50度高温に設定する。
・天板を入れたまま 余熱+10分ほどカラ焼きする。
 (天板サイズに切った厚紙にオーブンシートをひいて発酵)
・スチームのかわりに 直前にパンに霧を10吹き。
・少し浅い色であげて 食べる前にオーブントースターでもうひと焼き。

小石とか他の方法も試しましたが 今のところこれが一番。

小麦粉250グラムに対して イースト小さじ1/4で ゆっくり発酵させたパン。
皮がバリッバリで 中はしっとり。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
芝生広場を小道がグルリと一周しています。

たまには 単独でひいてみようということで 左右に分かれてみました。

楽ちゃんがあんな遠くに・・・


反対側にひっぱるを制しながら歩きます。

遠くのを凝視しながらイヤイヤ進む


小さく見えるも どうやらこっちをガン見。




そして感動の再会。

さびしかったよー


走り寄る楽と笑。

ずっと姿は見えていたし 時間にすれば2分ぐらい。

ふたりとも ちょっと大げさでしょ?




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。