★日付の古い順に表示するには
 サイドメニューの『これまでの記事』『カテゴリー』から。
 
写真にカーソルを合わせると 説明文?が表示されます。 
  
  
  

2009年02月04日

ヒトヒラのお目覚、牡蠣ギョウザ



朝は和食が主です。

初めに みそ汁のダシを取りつつ 簡単なおかずの用意。

そのころ楽と笑は
まだ寝てる・全身マッサージを施されてる・トイレで用を足してる・・・のいずれか。


小鍋が沸いたところで スイッチを切り ふと横を見ると・・・



出たな! オカカ兄妹!!
 
グッモーニン!

シュンシュン・・・カチッという音に反応して ギリギリまで寄ってきます。
(熱いものを扱ってるときは 入れないようにしてあるので)


手が放せなくて すぐに相手ができない日でも
ずーーっと この場所この並びで
ダシ用カツオ節をもらうのを ただひたすら待ち続けます、毎朝。


たった ヒトヒラのオカカのため・・・

これっぽっちのために

これは毎朝一回きり。
いただくものをいただいた後は ふたりとも姿を消します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ふき味噌

これを焼いても美味

フキノトウが余ったので甘味噌にしました。
サッと湯通しして 水に放ってアク抜き。
それをみじん切りにし 油で軽く炒めます(炒めずそのまま使ってもOK)。
味噌(今回は赤白MIX)・砂糖・酒はお好みで。
見た感じ同量ずつを弱火で軽く練り、味を見て砂糖か味噌を足せばいいと思います。
最後に炒めたフキを合わせます。

油あげと明太入りのダシ巻きと一緒に。


夜は冷たい豆腐にのっけても。

あまりたくさんは食べたくないけど



椎茸のXOマヨ焼
ジャンは万能

軽く塩をふった椎茸。
さらに XO醤+マヨネーズを塗って オーブントースターで焼いただけ。

調味料に対するこだわりは今のところ薄いので チューブタイプをよく利用します。
二人分しか作らないし 似たような味を続けることは少ないので
容量が少なくて 手軽に使えるものを。
特に中華のジャン系はチューブタイプが充実してきました。



牡蠣餃子

これは焼きたて熱々でどうぞ

ひと昔前の居酒屋さんでよく出ていましたが 最近はどうでしょう?
餃子とは言っても 皮で包むわけでもなく 具にも餃子の要素は微塵もありません。

塩をふってやさしく混ぜ 水でさっと振り洗いした牡蠣。
ザルにあげて水気を切ります。
片栗粉をたっぷり混ぜて クセの少ない多めの油で両面を強火でコンガリ。

小ネギをちらして 濃口醤油+砂糖+酒のタレをかけます。
最後にレモンなど柑橘系をギューッと絞って アツアツをパク。
辛味を足しても美味です。

焼きあがった形が餃子っぽいような・・・
片栗衣のパリ感が餃子の羽に似てるような・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


晩酌タイムの後半。

全体的に軽めだったので 物足りないキンちゃん。
冷たいそうめんをちょっとだけ食べたいと言います。

ここで チッ!と言ってはいけません(ときどき言うけど)。


急いで作ったツユと薬味をテーブルにセットし
茹でて冷やした素麺の中鉢を運ぶと・・・

キンちゃんの極上の笑顔が待ち受けています!


なぜなら。


数本の麺を らっくんえむちんと分かち合えるから!

ほーれほれほれ

 ↑ 器から嬉々として麺を取り出す・・・そうめんも踊ってます



教えなくても 練習しなくても 麺類をツルルンと食べるのは得意なふたり。

コギの麺一本釣り


どなた様も嬉しそうです・・・




今日は の誕生日。

らっくんが一番食べたいのは何だろう。 やっぱ お芋?




  非公開メッセージを送る  


【 先日の粒へ・・・】は 2月2日のコメント欄です。

・・・・・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。