★日付の古い順に表示するには
 サイドメニューの『これまでの記事』『カテゴリー』から。
 
写真にカーソルを合わせると 説明文?が表示されます。 
  
  
  

2009年02月07日

らっくんケーキ、追われたい牧羊犬

 
じぃ尻になるとは夢にも思ってなかった頃のらっくん



 
2月4日の夜ごはん。

キビナゴ南蛮漬

大きめだったので頭はとっちゃいました


生タラのなめこおろしソース






楽と笑は・・・
ごっそり減らされたフードの上に 鶏ササミだけをトッピング。

後半にそなえて

らっくんの こんな表情。
オトナになったからというわけではなく・・・


うちに来てすぐの頃から 真面目な顔でした。

幼少のマテ!




そして 食後の甘もの。 らっくんのバースデーケーキ

余ったクリームを全部しぼったので変な形

未知の食物を前に ふたりの顔は強張ります。
とくに、緊張と期待で目元口元がひきつってます。


犬に誕生日なんて分かるわけない。
食いモンの見た目なんて 気にしちゃいないさ。
・・・なんて野暮なことは言いっこなしです。


一枚もまともな写真が撮れないまま撮影会終了・・・

ストレスのかかった生あくび



楽と笑には犬用粉チーズをちょっぴり
ヒト用には粉糖をたっぷり。

コギ用 ヒト用



いつもと違う大きなカタマリに 胸震えるふたり。

やっとマテ地獄から解放されます

は どんどん後ろに下がっていきました


ヨシ! で一気食い。 どうやらお気に召したようです。




スポンジ・・・卵白3個分・砂糖10グラム・製菓用米粉(リ・ファリーヌ)50グラム。
クリーム・・・サツマイモ+ヨーグルト。

バナナスライスと芋クリームをサンドして 周りにも芋クリーム。
イチゴスライスを貼り付けて ゼラチン液を塗布。

余ったクリームも大サービス、上からたっぷり(かけすぎて不細工になった・・・)。

楽の好物ばかりを集めて、甘さもカロリーもぐっと抑えました。
一気食い前提なので フルーツは超薄切で!


くすんだ色のサツマイモでも ヨーグルトを少し加えると 黄色に発色。
クリームっぽい状態に近付くよう かなり水を加えました。


水分量が多く 砂糖もほとんど使ってないので
ヒト的に美味しいとは とても言えませんが・・・

芋クリームに映えるよう白いスポンジにしたこだわり



気軽におすそ分けすることも可能。

テーブルからの分かち合いは「悪」ですか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もともとは牧羊犬だった犬種なのに 追われたがる犬って・・・?
というメッセージを先日いただいて の小さい頃を思い出しました。

昔の名残で ヒトのカカトを追いたがる。と
育犬本に書いてあったので じゅうぶん覚悟していましたが
が私たちのカカトを狙うことは ほとんどありませんでした。

脈々と受け継がれたはずのDNAは・・・どこいっちゃった?
生粋の 追われたい犬だったのか?



〜遠い遠い昔。

緑の大地を まっすぐ駆けてくる笑顔のコーギー。
背後には ヒツジの群れがモコモコ。

コラーッ!追われてどうする ラクソセーン(仮名)
追うんだよ。ヒツジを追えーーー!

繰り返し教えても ラクソセーンは 羊を追えませんが
その独特なキャラで 牧場の人たちの心を癒していたはず。

とは言え・・・
だめだこりゃ。ラクソセーンは ヒツジたちと なぁなぁになり過ぎてるし。
という会話が交わされるのも当然です。

ほどなく ラクソセーン和ませ部に異動決定。
新しく 妹分として迎えられたエムセンゾー(仮名)追い部に配属され。
活躍・・・したかどうか・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成21年の冬。
唯一 が追う側となるのは
朝散歩のロングリード開始後、30秒〜1分間のみ。
を全力で狩るその姿は 瞬間牧羊犬っぽいのです。

追われるも ・・・やっぱり嬉しそうだ!

ご先祖様エムセンゾーも すぐに和ませ部に移ったのものと思われます・・・






  非公開メッセージを送る 
 


【 先日の粒へ・・・】は 2月4日のコメント欄です。

・・・・・・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。