★日付の古い順に表示するには
 サイドメニューの『これまでの記事』『カテゴリー』から。
 
写真にカーソルを合わせると 説明文?が表示されます。 
  
  
  

2008年07月05日

晩酌犬増殖

エリンギとアスパラのリゾット


リゾット?


オリーブオイルで粗みじんエリンギと米を炒めて白ワインちょっととひたるぐらいのスープで煮るだけ。
途中で薄切りアスパラと粉チーズを加えて 米の芯がなくなりそうになったら塩胡椒。
盛りつけて生ハムと粉チーズとローストガーリックをトッピング。


芯があるうちに煮詰まっても大丈夫、水でいいので足してください。
かなり分量が増えるので、米は少なめでスタート。
2〜3人分で米1カップぐらいでしょうか。

ただし、正々堂々と『今日 リゾット作ったの』と言ってはいけません。
これはあくまでも、ごはんやパンを切らした夜の洋風米料理です。




今夜はキンちゃん不在のため 上記米料理が中心のエコな夕食。


火の通り加減が(たまたま)絶妙で塩加減もよく
ひさびさのリゾット(風)をご機嫌に味わっていると・・・





・・・・
それぞれのごはんを平らげたばかりの兄妹が
粉チーズのふんわりとした香りに誘われて直立しています。


晩酌犬1号2号



私の厳しい監視下にありながらも キンちゃんのがんばり(裏切り)によって

晩酌犬は静かに...だが確実に増殖していました。



さ、さ。 遠慮なさらずもうヒトカケラ。

という催促の声が聞こえてきそうです。





ビンに移しかえたドッグフードや茹でただけの馬肉や鶏ササミ
加熱したサツマイモやカボチャなどをチビチビと与えるだけなので
健康上の問題はなさそうですが

人間と犬が同時に食卓を囲むことが いいのか悪いのかは分かりません。

与える側も 貰う側も楽しそうなので 毎晩続けています。
いただきますで始めて、ごちそうさまで終わりを告げるようにしているので
一日中絡まれることはありません。






らっくん。 口元に光る宝石のようなものが・・・

ワタシのパッションです!


の熱い想いが ヨダレちょうちんとなって膨らんでいます。




そのころ・・・

晩酌犬保存会・熊本支部長はその功績を称えられ(たわけではありませんが)

エリート牛の それもシャトーブリアンを しかも最高の状態で味わっていたのでした。


お肉もちゃんと食べてます、また写真はないけれど。





・・・・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102205046

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。