★日付の古い順に表示するには
 サイドメニューの『これまでの記事』『カテゴリー』から。
 
写真にカーソルを合わせると 説明文?が表示されます。 
  
  
  

2008年08月14日

笑に乳歯遺残の疑い

 
 
熱を出すこともなく 咳をすることもなく

食欲旺盛でいつも快腸な


不調と言えば、耳の中が汚れやすかったことと
まぶたにモノモライのようなものができたことぐらい。

プチプチ

これなら薬は使わずにしばらく様子見よう というドクターの言葉通り
一週間ほどで自然に消えていました。



片耳がいつも赤黒く汚れていて、一時期とてもひどくなっていましたが
最近は乾いてだんだんきれいになってきました。


自然に治ってくれてよかった・・・




ところが、ちょっと心配な兆候が。

乳歯遺残をご存知でしょうか。

乳歯が抜けないままに永久歯が生えて二枚歯になるという症状で
小型犬に多くみられるそうです。

歯並びに影響をあたえたり、歯石がたまったりするため
抜歯をすすめるドクターが多いとのこと。



笑の歯は順調に生え変わっていましたが
上顎の犬歯だけは左右とも乳歯が残ったままでした。

ちょっと時間差だね と暢気に話していましたが

どんどん永久歯が伸びてきても 乳歯はどっしりとしたまま。


これはひょっとして ウワサの乳歯遺残

自分のケガや体調不良には ひじょうに無頓着であるのに対し
コーギーのケガ、コーギーの不調にはたいそう弱い。

いろいろ調べて 最悪の症例をみつけるのが得意です。



全身麻酔で抜歯を待つ ぐったりとした笑の姿が浮かぶ始末です。
すでに鼻の奥がツンとしたりして。(まだ妄想なのに)


日々 抜けろー。抜けろー。と唱えながら指で乳歯をゆすっていました。

抜けろー。抜けるのじゃー。


何の効果もあらわれず
今日こそはドクターに相談をと思っていたら


床に 笑犬歯が一本落ちてました!
この様子だともう片方も自然に抜けてくれそうです。

妄想で終わってくれてよかった。
いくら心配ないといわれる処置でも なるべく避けてあげたい。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もうお忘れかもしれません、アボカどん のことを。

すこやかにお育ちになるアボカどん

↑ いつのまにか こんなに大きくなってました。







車に乗せただけでこんな顔をされたら どこかへ連れて行ってあげたくなります。

後部座席でワクワク

みんなで行こうかねー、大好きなお墓参り




・・・・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104686366

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。